サイトメニュー

精神疾患に対する制度

悩む男性

障害の支援金をもらう

年金の手続きは、どういう場合に何をいつまでに、どこへ提出するのかがポイントになります。障害給付のように、医療機関に記載してもらう添付書類が必要な手続きもあるので、支給が止まらないためには事前に調べて準備しておきましょう。市区町村役場だけでなく、厚生年金保険関係なら年金事務所に問い合わせてみるのも一法です。ちなみに、障害給付の請求手続きには、準備しておくべき書類も多く、一度確認しておきましょう。裁定請求書という書類は市区町村役場、あるいは勤務している会社を管轄する年金事務所に提出します。手帳をはじめ、主治医からのうつという診断書、病歴や就労状況の申立書は必須です。また、配偶者や子供の生計を維持していた時は、それを証する書類を準備しましょう。申込方法は至ってシンプル、市区町村役場あるいは年金事務所の窓口に書類を提出するだけで、審査、結果が通知されます。書類も問い合わせることで自宅に送付してくれますから、安心です。うつは軽度であれば、数ヶ月で改善の兆しも見られますが、他の疾患と重複した重度では早めの手続き、申請がポイントになります。
障害年金とは若干異なるのは、3級より軽い障害に支給される障害手当金です。うつ病は、大学病院や総合病院の精神科・心療内科にて、治療を行います。例えば、専門病棟での薬物療法にも、難治性ならば点滴療法が行われます。障害年金においては、1級・2級・3級に分けられ、対象となる者だけが障害認定されるのですが、この等級は障害状態の違いで分けられています。1級は、日常生活にも他人の介護を必要とする程度、2級は、必ずしも他人の介護は必要ではないけれども日常生活が困難で、例えるなら、働いて収入を得ることができない程度です。3級は、働くには困難で制限されてはいるが、働けないまではない程度です。では3級にも値しない、軽度うつとも診断される障害の状態とはどのような障害の程度なのでしょうか。精神または神経系統に、労働が制限を受けるか、あるいは労働に制限を加えることを必要とする程度の障害なのだそうです。病院では、うつの薬物療法に抗うつ剤以外の薬を併用することがあるので、マイルドなうつでは軽い不眠が多発します。正直な話、副作用も多少なり出るために、労働に支障が出ることもあります。不安要素を無くすためではありますが、労働の制限の有無の違いがあるようです。