サイトメニュー

遡及請求は社労士に頼もう

悩み

これからだけではなく過去の分も受給できる

年金というと、高齢者になってからもらうイメージがありますが、若い内からもらえるものもあります。それは、障害年金と呼ばれていて、障害を持つさまざまな方に支払われています。うつ病も障害年金の対象になっているため、もしも長い間悩んでいるのなら手続きを考えましょう。生活が困難になるほど、酷い症状なら受給できる可能性が高いです。そして、障害年金を受給するときに忘れてはいけないのは、遡及請求というシステムです。長い間うつ病に苦しんできた方は、現在だけではなく、過去にさかのぼって請求することができます。つまり、これから受給するだけではなく、これまでの分も受給できるので、かなりの金額を手にできる場合もあります。期間によっては、100万を軽く超える場合もあるので、遠慮するのはもったいないです。もしも、遡及請求をしたいと考えるのなら、まずは障害年金の受給資格を得た日をハッキリとさせる必要があります。そのためには、診断書が必要なので、医療機関に相談して、手に入れることから始めましょう。あとは書類を揃えて申し込めば、国が遡及請求が可能かどうか判断してくれます。
うつ病で障害年金を受給することは簡単ではないので、遡及請求になると、さらに大変になります。自分で請求しても通らない可能性が高いので、社労士に申請を行ってもらうことも考えましょう。無料で頼むことはできませんが、遡及請求できる期間が長ければ、依頼料以上のお金を受給できる可能性が高いです。最大で5年分しか請求できないので、受給資格を得た日が5年以上前なら、無効になる期間を増やさないためにも早めに相談をしましょう。なお、社労士に頼むのならば、誰でもよいのではなく、障害年金問題に強い方を探す必要があります。ネット上で探せば、全国対応の障害年金に強い社労士が簡単に見つかるので、連絡を取ってみましょう。ただし、料金やサポート内容は社労士によって異なるため、チェックしてから遡及請求の依頼をしたほうがよいです。もしも、うつ病でつらい状態にあるのなら、メールで相談できる社労士を選びましょう。最終的には会って話す必要がありますが、メールで相談できることが多ければ負担を減らせるので、うつ病の方でも無理なく仕事の依頼ができます。