サイトメニュー

不安を亡くす手続きを踏む

カウンセリング キッカケは1人1人様々、リストラや病気、引っ越しなども「うつ」の発症に関わることさえあるようです。医療機関では、予防から治療、回復期までしっかりサポートしますが、家族は年金という生活資金に着目してみましょう。

詳しく見る

国からの支給で病気を治す

うつ うつを発症するのは、高齢者にも少なくありませんが、時間をかけて治すことが大事で、その間に年金をもらえる年齢に達することもあります。もらえることに引け目を感じてしまうようですが、家族や地域に貢献できる考えで難を回避できます。

詳しく見る

病気をサポートする制度

医者 うつは治療さえ行えば、必ず完治する病です。また、若者だけでなく、高齢者も発症する可能性もあり、そのための対策には年金が挙げられます。就労は回復を後押ししたり、妨げになることもありますが、生活にゆとりを出し、後押しする制度を活用しましょう。

詳しく見る

精神疾患に対する制度

悩む男性 うつの治療を不安無く行うためには、年金を受給したいものです。それぞれの立場で、もらえる年金の種類も金額も違います。そのため、手続きを行うのですが、うつの状態を把握するための申込方法などを事前に確認しておくことが大切です。

詳しく見る

遡及請求は社労士に頼もう

悩み うつ病で障害年金をもらうなら、遡及請求を考えたほうがよいですが、誰でも簡単に通るものではありません。もしも、遡及請求が通る確率を上げたいのなら、障害年金問題に強い社労士を探して、代わりに手続きを行ってもらいましょう。

詳しく見る

治療前から納付しよう

ハートと聴診器

チェックしたい加入条件

サラリーマンや高齢者、さらに主婦も精神科・心療内科にて、うつの状態や状況によって治療を行っています。年金と繋がりが深い高齢者のみならず、厚生年金保険は会社に勤務する人ならば全員が加入しなければなりません。うつの状態によっては、1日数時間しか働けずにアルバイトやパート契約をしている患者もいるでしょう。もちろん、短期・短時間・日数により、加入しなくてもよい人はいます。ただし、徐々に与えられる仕事や身体を慣らすために、試用期間中となるのなら、見習いでも社員は社員です。健常者と対して変わらず働く患者もいるでしょうから、手厚さからいえば個人経営でも任意加入制度を申請しているような優良会社を選びましょう。先に述べたように、気をつけたいのは本人の実際の就労の形態内容を総合的に勘案し、会社との使用関係が常用的と判断された場合です。おおむね、何分の何という基準はあくまでも目安で、一律ではありません。だからこそ、生計をたてる人、社会学としてアルバイトをしたい学生などは、うつの状態により手厚い年金支給額が減る可能性もあるため、厚生年金なのかをチェックしておきましょう。
サラリーマンや公務員は、給料から社会保険料が天引きされているので、未加入とか保険料滞納という問題は通常ありません。しかし、障害年金(給付金)がもらえずに泣く事例はその他で発生しているため、該当していないかをチェックしてみましょう。例えば、自営業者・フリーター・学生などの中には、未加入や保険料滞納者がいます。うつは、いつ・誰が発症してもおかしくはないほど、認知される精神疾患の1つです。こうした人がうつ病になった場合、障害年金(給付金)がもらえないことがあります。20歳以上の学生は強制加入で、今問題視されるのは、社会の第一線から退却していく無気力うつ、幼少期に心にキズを負い、後遺症としてうつ病へと陥る学生もいる点です。事例では、社会性や金銭管理ができない若しくは行わない学生が、受給できないケースがあるようです。うつを軽視したり、自分に限っては病気ではない、治癒した安堵感など、こうした内容により遡って保険料を納めることをしなかったりする人も少なくありません。ですから、役場や年金機構に赴きたくないなら、精神科・心療内科にまずは相談してみれば、よい提案、支援に乗り出してくれます。